筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群とは?

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)とは、

6ヶ月以上持続、ないし再発を繰り返す説明困難な高度の疲労、労作後の極端な消耗、記銘力障害、集中力障害、睡眠障害等を中核障害とし、頭痛、関節痛、筋肉痛、消化器症状、免疫系異常、光・音・匂い・化学物質に対する過敏症などの症状を伴う原因不明の難治性疾患です。


主症状である高度の疲労、労作後の極端な消耗により、日常生活に支障をきたします。


まだ確立した客観的診断指標と治療法がないため、受診可能な医療機関がごく僅かに限られ、

診断にたどり着くことも困難な状況です。

有病率は0.2-0.4%、患者の1/3は一日の50%以上を横になって過ごし、罹患前の状態に回復する方は0-6%という現実がありますが、適正な医療・福祉が受けられず、社会的孤立に陥っている方が多数いる状況です。


一般に広く啓発をするとともに、医療関係者への啓発も重要な課題です。